アニメ「Fate/Apocrypha」/第12.5話「聖杯大戦開幕編」

今回は1クール目と2クール目の境目、第12.5話と銘打った総集編でした。
予想以上に普通すぎる総集編だったので、感想は何とも言えません(・∀・)

ナレーションがジークとジャンヌだと聞いてたから、2人がオーディオコメンタリーみたいに会話しながら、1クール目の内容について掛け合い漫才をしてくれるのかなと思っていたのですが、そこは過剰に期待しすぎていました。とてもすまない。
これで少しでもアニメスタッフが休めたのなら幸いです。来週からまた頑張ってください。



私は同人をやっていた頃、原稿作業のお供にアニメや舞台のDVDをよく流していました。
DVDのオーディオコメンタリーが面白いかどうかはかなり重要でした。今はそもそも原稿作業をしないからなあ(´・ω・`)もう2時間以上の作業は集中力的に無理(´・ω・`)
でも、面白いオーディオコメンタリーは大好きです。

ラジオでもオーディオコメンタリーでも、話の上手い声優さんと微妙な声優さんがいます。
声優さんの仕事は役をきちんとこなすことであり、ラジオとかイベントとかニコ生とかは本来の仕事ではないということは重々承知なので、トークが上手くなくても責められる道理は無いのですけどね…今の声優さんって、昔と比べて無駄に大変な感じがします。

そんな中、ApocryphaのWEBラジオはかなり“当たり”なほうで嬉しいです。
WEBラジオ第13回は、京まふの公開録音でした。ゲストはセレニケ役の石上静香さん!

今期の石上さんは「魔法陣グルグル」で幼女とラブラブになり「Fate/Apocrypha」で男の娘をペロペロするという、なかなか羨ましいお仕事です。
そういえば役名も「ニケ」と「セレニケ」で被ってる。グルグルだとキャラも中の人も両方仲良しだけど、Apocryphaはその辺ギャップがあって面白いです。

本日は、FGO1000万DL突破キャンペーンの☆4サーヴァントプレゼントもありましたが、私はニトクリスちゃんをもらいました!持ってなくて欲しかったサーヴァント!

真面目に“戦力の補充”的なことを考えればアヴェンジャーが良かったけど、育成素材がやっぱり他クラスより厳しめで…FGOは高レアを引くためのムチャクチャな課金が問題になってるように見えるけど、本当は高レアを引いた後の育成こそが真の地獄なんやで(・ω・)

…と、ニトクリスちゃんのスキル上げに使う鎖と骨の量を見て白目をむいてます。
あと、アヴェンジャーなら弱すぎな先輩(宝具2)が1人で頑張ってるから多分大丈夫。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

同人活動の思い出/イベントでR18本の見本誌チェックをされて隣のサークルが販売停止になった思い出

隣のサークルです。私じゃないです。私はこのように、修正はきちんとしてますので!



絵柄的には、たとえ無修正だったとしても何も言われない自信があります。
私が昔出した本を持っている人がいれば、どれくらい安全か分かると思います。

それはそうと、私は昔 赤ブーブー通信社 のイベントによく参加していました。
大昔はルールがガバガバだったR18本の頒布ですが、2010年頃から年齢確認の徹底やR18の表記だけでなく、性器の修正についても色々言われるようになりました。

関連記事→ 同人活動の思い出/R18の基準が分からなすぎてR18を描くのをやめた思い出

赤ブーブー通信社のイベントでは、R18本の取り扱いがあるサークルは、イベント開催中にスタッフが巡回し、本の中身を見て修正がきちんとされているか等を確認します。
他のイベントでは、先に見本誌を提出してチェックしてもらうパターンもあります。

私もたまにR18本を出していたので、チェックしてもらったことがありますが、引っかかったことは1度もありません。そもそも、そこまで過激なものを描く知り合いも少なかったので、こういう事で販売停止になるなんて話は都市伝説のように思っていました。

ですが、2010年頃のイベントで、隣のサークルがまさかの販売停止をくらいました。
実際にそんな現場を見るのは初めてだったので、隣の人には悪いけど貴重な体験でした。
隣の本をあとで見てみたら、たしかにリアルに描きすぎな上に申し訳程度すぎる修正…これは仕方ないと思うと同時に、これくらいだと実際に引っかかるのかと勉強になりました。

ただ、当時はまだ修正の基準もあいまいで、特定のイベントで販売停止になっても、他のイベントでは大丈夫ということもあったようです。
私たち描き手は振り回されていて、それでもエロを描くんだ!という強い意志のある人たちはともかく、めんどくさがりの私はR18本の発行自体をやめることにしました。

エロ専門で描いてるなら頑張ったかもしれないけど、私の漫画は別にエロは無くてもいいので、そういった状況もR18から“卒業”するきっかけになったのかもしれません。

買った本に修正液が塗られていたこともありました。おそらく見本誌チェックで引っかかって、その場で修正液を塗って何とかしたのだと思われます。
マジックで塗るパターンもあり。ものすごく大変だっただろうな(´・ω・`)

印刷する前に印刷屋さんから注意されることもあるようです。私はそんな経験無いので詳細は分かりませんが、出来上がってから販売停止をくらうよりはマシかなと。

コミックマーケット92についてはこんな記事を発見しました→ 夏コミC92から性器のディケイド修正が禁止に!理由はクジラックス模倣犯の逮捕が原因!?【コミケ92】

私、仮面ライダーは詳しくないので「ディケイド修正って何?(・∀・)」と思って調べてみたら、意味を知って大爆笑しました。私はあの修正のこと「刻み海苔」って言ってた!
黒い線が平行じゃなくて、性器の形に沿って角度がついてるのもあるじゃないですか!
平行じゃないのが「刻み海苔」で、平行だと「ディケイド」なのかな!

こんなに面倒で大変な騒ぎになっても、ユーモア(?)を忘れないオタク達はすごい。
足を洗った私も、外から見守ってるぶんにはまだまだ楽しいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて-

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきました。
開催会場と期間は以下の通りです。

東京会場 2017年4月18日(火)~7月2日(日) 東京都美術館 企画展示室
大阪会場 2017年7月18日(火)~10月15日(日) 国立国際美術館



私は2017年9月12日に、朝っぱらから国立国際美術館へ行ってきました。
平日の朝なのに人が多くて大変でした。休日なんてどれほど混雑しているのでしょうね?

YoutubeでもPR動画が上がっています。

「バベルの塔」展PR ボスを超えて編
「バベルの塔」展PR 「バベルの塔」編

目玉作品はピーテル・ブリューゲル1世作の「バベルの塔」です。
そのほか、16世紀のキリスト教をモチーフにした彫刻や絵画と、ブリューゲルに影響を与えた画家であるヒエロニムス・ボスの作品も展示されています。

展示の一番最初の、16世紀ネーデルラントの彫刻が本当にすごくて、現代のフィギュア原型師もビックリのクオリティなのですが、作者不詳のものが多くてますます神秘的です。
絵画のほうも、私も一応油絵具というものを使ったことがあるけど、油彩ってこんなに美しく描けるの!?と驚くばかりでした。同じ道具とは思えなさすぎる。

キリスト教関係の絵画を見ているとどうしても「聖☆おにいさん」を思い出したり、Fateのクリスチャンたちを思い出してしまいます。仏像を見ても「聖☆おにいさん」やFateの仏教徒たちを思い出します。ただのオタクでも美術館に来る権利はある…はず。

ボスとブリューゲルの作品は、とにかく1枚の絵に込められた情報量がすごい。私みたいに「細かく描くのめんどくさい(´・ω・`)」とか言ってる奴はもうダメかもしれません。

ブリューゲルの版画作品「大きな魚は小さな魚を食う」の端のほうにいる、魚っぽいものから人間の足が生えている何かは、展覧会のグッズセット前売券A(※販売終了)のおまけグッズにもなっています。
ボスとブリューゲルの作品には、他にもたくさん得体の知れない生き物が登場します。

画像は作品タイトルで検索すれば出てきます。
私はああいうデザイン大好きなのですが、みなさんはどうでしょうか?

メインの「バベルの塔」は、まるで銀行のATMに並ぶ列のように、ロープで区切られたところを15分くらい並んで、すみやかに鑑賞しました。これは人が多かったので仕方ない。

遠目には塔が大きく描かれているだけに見えますが、細部を見ると、建てかけの塔の周囲で生活している人々や、建設作業をしている人々の様子が生き生きと描写されています。
絵の中に含まれている情報量のわりに、絵のサイズが小さすぎるのがもったいないと感じてしまう。本物のあとに展示されていた拡大複製画のほうが、細部が見やすかったかも。

展示の解説では、バベルの塔の話(旧約聖書「創世記」11章)は人間の傲慢さが引き起こした悲劇かもしれませんが、ブリューゲルの絵からは、協力して大きなことを成し遂げようとする人間たちの力強さが感じられると述べられています。

どちらの側面も真実だと思いますが、とりあえずこれのせいで、外国語の勉強で苦労することになったのかと考えると、個人的には微妙(・ω・)



このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

最新記事

アニメ「Fate/Apocrypha」/第12.5話「聖杯大戦開幕編」 2017/09/24
同人活動の思い出/イベントでR18本の見本誌チェックをされて隣のサークルが販売停止になった思い出 2017/09/22
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて- 2017/09/20
明治/リッチビスケット(リッチオレンジ) 2017/09/19
アニメ「Fate/Apocrypha」/第12話「聖人の凱旋」感想 2017/09/17
土佐光起生誕400年 近世やまと絵の開花 -和のエレガンス- 2017/09/15
玉華堂/極ぷりん4個と華まるロールケーキJrセット 2017/09/13

検索フォーム

楽天ショッピング

人気記事

プロフィール

Author:ヒロコ1号
1992年から2015年まで同人活動をしていたオタク女です。同人引退後の高齢オタクってこんな感じ!と、みずから晒していきます。同人はやめましたが、のんびり型月ファンをやったりアニメを見たりしています。
★メールフォームはこちら★

オリジナルTシャツなど販売中

イラストAC & LINEスタンプ

▼イラストACで無料イラスト素材を配布中▼ ▼LINEスタンプ販売中▼

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!