同人活動の思い出/好きだったジャンルを嫌いになってしまう悲しい結末

オリジナルで活動している人には無関係な話ですが、二次創作で同人活動している場合、自分にはどうしようもない原因で熱が冷めてしまうことがあります。
それは「公式がダメな方向に行ってしまう」ことです。



二次創作の場合、元ネタの原作の世界観やキャラクターに惚れ込んで同人を始めるわけですが、その原作が自分の望まない方向に進んで行ったり、公式の中の人がいろいろやらかしてファンを減らしたり、そのあげく、昔は人気があったことが信じられないくらい衰退した場合、好きで二次創作をやっていた人はどうすればいいでしょうか?

ホモエロ同人とか作ってる二次創作者なんて勝手にどうにでもなれと言われそうですが、同人を頑張る層が離れたら、原作の寿命もヤバイんじゃないのと思います。
何事にも例外はあるけど、同人の盛り上がりと原作の売り上げはだいたい比例します。

同人に関わっている人が新しい作品を知るきっかけって、だいたい「同人が盛り上がってるから目に入ってきた」というものじゃないでしょうか?
それをウザイと思うか自分も好きになるかは、モノによると思いますが。

でも、原作の魅力が何らかの理由でダウンすれば、同人も一気に盛り下がります。
原作者が良かれと思って作った展開も、ファンに受け入れられなければ人気は落ちます。
世の中の物事はすべて諸行無常だから、どんなに流行っているものでもいつかは必ず廃れますが、中には必要以上に早く廃れさせてしまうヘタクソな公式も存在するのです。

私も、同人活動していた頃はいろんなジャンルに手を出しましたが「今でも原作を愛しているジャンル」と「今の原作はもう愛せないジャンル」の2種類があります。

冷める理由は、たとえば、ストーリーがつまらなくなってきたとか、自分の好きなキャラの扱いが悪くなってきたとか、公式関係者がツイッターでアホな発言をして炎上したとか、ひとつひとつは小さな事でも、積み重なるとだんだん心は離れていきます。
やがて続きが楽しみにならなくなり、公式関係者を嫌いになり、好きなキャラもそんなに好きじゃなくなってきたら「このジャンルはもうだめだ。捨てていくしかない」となります。

何がきっかけで冷めるかは人それぞれですが、もし多くの人が冷めるようなことをした場合、そのジャンルは目に見えて衰退していきます。そして“今の展開クソだろ派”と“今の展開も楽しめてる派”が壮絶に殴り合う光景が目につくようになってきたら危険信号です。
私そんなの何回も見てきたわーつらいわー(・∀・)

もともとディープなファンが多いジャンルなら、多少のことでは揺らがないかもしれないけど、相手が人間である限りその“信頼の貯金”が尽きることもありますからね。わりと少なくない人数が「今の展開おかしくない?(´・ω・`)」と感じだしたらもうヤバイ。

そういう失敗も無く最後まで好きでいさせてくれた作品には、心から敬意を表します。
キレイに終わるためには「ちょうどいいところでやめる」のが一番だけど、商売である限りそれは難しい。だから大体どこもかしこも殴り合ってるんですよね知ってる。

自分がどう思うかは別として、賛否が分かれそうなことを公式がやっていると「ああ、これは荒れるな…(・∀・)」とベテランの船乗りみたいな気分になります。
私は、どんな同人誌が売れるかは全然分からないのに、どんなものを発表すれば炎上するかはよく分かるのです。こんな能力いらない(・∀・)

このエントリーをはてなブックマークに追加



同人活動の思い出/pictBLandの累計会員登録数が31万人を突破!

…したというメールが、数か月前に届いてた気がするけどずっと放置してました。
今になって思い出してブログに書いてますが、会員が増えたのは良いことです。
今はさらに増えているのでしょうか?私はもう投稿はできないけど応援しています。

私は同人活動していた頃、複数のお絵描きSNSに登録していました。
同人をやめるにあたって退会したものもありますが、投稿はしなくなったけどアカウントは残しているものもあります。pictBLandのアカウントはまだひそかに残っています。

関連記事→ 同人活動の思い出/ピクシブのことを思い出そうとしたら死ぬほど疲れた

そもそもpictBLandってどういうSNSなの?という方にものすごく簡単に説明すると、BLに特化したSNSです。男女カプ特化や女同士カプ特化の姉妹サイトもあります。
詳しい機能などは検索すれば出てくると思いますが、BLや二次創作のことを知らない人が見てもよく分からないだろうから、調べるのは各自にお任せします。

つまり、知らない人が見てもよく分からなくて、SNS自体は検索避けされていて、さらに会員登録しないと中に入れないので、同好の士だけで安心して楽しめるというのが売り。

こういう「特殊なことをやっているのだから隠れないといけない(隠れていたほうが知らない人に叩かれずに済む)」という感覚は、昔の同人関係者にとっては普通のものでした。
表現の自由が無いのではなく、自由にやっても叩かれないように隠れていたのです。
ピクシブとツイッターが出てきて、そんなルールはとうの昔に爆発四散したように思える現在でも、もっと落ち着いた環境で同人活動したいと思っている人は少なからずいます。

私自身は、pictBLandの機能にはめちゃくちゃ満足していたので、今もなんとなく退会できずにいます。それに退会すると閲覧もできなくなるので、それはまだ少しだけ惜しい。

ただ、実際に同人を引退した人にしか分からない心境かもしれませんが、今は昔ほど「隠れなければ」とも思わないし「同じ趣味の人と繋がりたい」という欲求もありません。
pictBLandの売りであるクローズドな環境や、見たいジャンルやカップリングだけを見られる機能が、今の私にとってはあまり意味の無いものになってしまいました。

そんな状態でも、地雷に対する不快感だけはまだ少し存在するので、地雷避けもしっかりできるpictBLandはいいよね!(・∀・)という話。
同人をやめてから、何を見ても何とも思わなくなっちゃったなーと寂しく感じながらも、リバは有り得ないわー(まだ元気じゃねーか)

でも、地雷を見て憤る気持ちを失えば、同時に激しく萌える気持ちも失うのは事実です。
正の感情と負の感情は背中合わせで、どちらも自分にとって大事なことだから湧き上がる。
同人自体に興味が無くなれば、どちらの感情も湧き上がってこなくなります。これはある意味ラクになれるけど、同時に大変つらくもあるので、他の人には体験してほしくない。

私が昔描いた作品は、とりあえず気が済むまで置いておくつもりですが、逆に気が済んだらpictBLandも退会するかもしれません。現役のBL好きは、ぜひ今後も楽しんでください。
私と同じ状態になる人がいないよう祈っています(´・ω・`)

このエントリーをはてなブックマークに追加



同人活動の思い出/華やかなイベントの裏で処分される在庫たちと、売れる仕組みの謎

まだネットが普及していなかった時代に、初めて同人誌を作ってイベントに参加した経験のある方にお尋ねします!…持っていった本、全部売れましたか?(・∀・)
NOと答える人が99%のはず!私は詳しいんだ!

イベントって本当にたくさんの人が来ますよね。
2016年の冬コミ3日目の来場者数は約21万人(3日間の合計は約55万人)でした。

20170804

こんなに人が来るのだから、そこに参加するだけでたくさん売れると思いますか?
私の大学時代(1995年頃)に、同人で大儲けすると宣言してコミケに初参加した漫画同好会の先輩の本が1冊も売れなかった(300部刷った)のは、とても悲しい事件でした。

私も、高校生の時に初めて作った本の売り上げは10冊くらいでした(100部刷った)
残った在庫は、今だから言えますが、1冊ずつハサミで解体して刻んで捨てました。
私は自分の絵を自分で切り刻むのは平気だけど、みんなはどう?(・ω・)

それでも、売れてる人は本当に売れてるのに、なぜ自分は売れないのか?
初参加で知名度が無いから?ジャンルが旬じゃないから?単純に下手だから?と、いろんな理由が考えられますが、ヘタレ絵師の私はともかく、絵は上手いのにまったく売れなかった知り合いも複数いたので、謎は深まるばかりです。

この、売れる売れないの法則については、20年以上同人の世界にいたけど、まったく分からないまま終わりました。私の場合、絵は上達しなかったけど、長く続けていれば読んでくれる人も増えていきました(でなきゃ20年も続けられん)が、これもまた変な話です。

あまりに謎が多いせいで「私のほうが絵が上手いのに何故あいつのほうが売れるの!?」とか言いながら丑の刻参りしてそうな人ともよく出会いました。怖いですね。
いや、そんなに怖くないわ。頑張って絵を描いてる人として普通の感情だわ(・ω・)
私は絵を頑張ってなかったのでそういう怒りは無かったけど、別のことで怒ってたし。

でも今は、ネットで事前に宣伝することもできますし、昔と違って必ずしも「初参加=全然売れない」とは限らなくなってきて、この点は昔よりマシになっていると思います。

昔の印刷屋さんは最低100部からしか刷れない所ばかりで、そんなに売れないと分かっていても、仕方なく100部作って余ったらキャンプファイヤーなんてこともザラでした。
今は10部から刷ってくれる印刷屋さんもあるので、悲しい在庫を生み出さなくて済むようになりました。もし在庫を抱えても、以下のようなサービスがあります。

同人誌を紙資源としてリサイクル【エコサリオ】

やっぱり今は便利だなあ。引退した年寄りだけど本当にそう思う。

余談ですが、これはサイトやブログでも同じことが言えます。
インターネット上にあるのだから、作った途端にたくさんアクセスしてもらえるに違いないと、初心者は思ってしまいがちですが、なぜかまったくそんなことはありません。
理由は不明です。長く続けていれば見てくれる人も増えますが、その仕組みも不明です。

大勢の人の人気を集める仕組みは本当に分からない。世の中分からないことばかり。

このエントリーをはてなブックマークに追加



同人活動の思い出/同人誌の装丁は凝る派?凝らない派?

同人誌と言えばB5サイズ!クリアPPカラー表紙!本文はコミック紙か上質紙にスミ刷り!

…みたいなのが一般的ですが、たまにはちょっと変わった装丁にしたくなる時もあるかもしれません。昔は特殊加工なんて大手だけの特権で、値段もとんでもなかったけど、今はそんなに高くない値段でいろんな加工が楽しめます。すごい時代ですね。

私はそもそも「読むだけなら本じゃなくてWEBで良くね?」と思っている派なので、それでも敢えて紙の本を作るのなら、紙ならではなことをしたいと考えました。
そこでよくお世話になっていたのが プリントオン さんという印刷屋さんです。

私が同人をやめる前の数年間、何度も利用していました。今のセット内容は、私が使っていた頃よりさらに進化していると思われますが、私が作った本の装丁を少し紹介します。

表紙のレース加工またはアートカットフレームで、下の遊び紙が見えています。





トレーシングペーパーの表紙とカッティング遊び紙を使ったシースルーセット。



表紙の紙や遊び紙の種類も豊富なので、毎回よく迷いました。
もっとセンスの良い人なら、セット内容をさらに生かせるのではないでしょうか。

イベントでも好評でしたし、私もさんざん楽しんで作っておいてアレなのですが、まあ普通に本として開いて読む場合、ちょっと読みづらいですよねコレ(・ω・)
だがそんな事は知ったこっちゃありません!読むだけならWEBが至高なのです!それでも紙にする意味を、私は見出したかったのです。

そして「紙の本がいいけど、本は読めればいい」派の人は「普通でいいだろ!( ゚д゚)」と叫ぶかもしれません。些細なことで戦争が勃発するのが同人の世界というものです。

ちなみに、漫画同人誌と言えばB5サイズで作る人が多数派だと思いますが、私はいろいろ試行錯誤した結果、自分の漫画ならA5のほうがいいかなという結論になりました。
描き込みが少ないから、B5で刷ると画面がスカスカになってつらいのです。
絵柄がシンプルだったり、画力が売りじゃない人はA5でいいと思う。

そんなわけで、紙にさほど興味が無い私でも本作りを楽しめたプリントオンさんには、今も感謝しています。ここに出会えなければ、サイトだけで本はあまり作らなかったかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加



同人活動の思い出/書店委託の思い出

同人誌を委託してくれる書店もいろいろあるけど、みなさんはどこを利用していますか?

私はかなり昔の話になりますが「とらのあな」に一番お世話になっていました。
他にも利用していた書店はありましたが、現在は会社が無くなっていたり、同人誌部門から撤退していたりと、時代の流れを感じます。しかも同人誌部門から撤退したとある会社の代表者が、私の弟と知り合いだったことが判明したりして、世間が狭すぎて怖い。

「とらのあな」は私にとっては、他の書店で断られても「とらのあな」なら委託してくれるという安心感のある書店でした。
これは作風やジャンルで左右されると思うので、他の人はまた違う印象かもしれません。
私の絵柄だと、女性向専門の書店では断られる確率が高かったです。

「とらのあな」にも女性向部門はありますが、当時は「プリンセスサイド」という名称がちょっと気恥ずかしかったです。腐向けをなんかキレイな言葉で言ってる(・∀・)みたいな感覚があったけど、実際には女性向の男女カプもありますし、健全本もあります。

委託では本当にお世話になって感謝している「とらのあな」ですが、一度だけカップリングの表記間違いをされたことがありました。もう2010年の話なので告白します。

本の販売ページのカップリング表記で、攻めの名前が別のキャラの名前になってて、オイオイオイオイオイ( ゚д゚)と思いながらも、こればかりは絶対に訂正してもらわないと困るので、メールを送って直してもらった思い出があります。

後から考えてみると、その本はゲームジャンルだったのですが、公式の攻略本に誤植があったのです。攻めキャラのページの名前の欄に別のキャラの名前が間違って印刷されていて、おそらくジャンルに詳しくないスタッフさんがその攻略本を参考にして、そのまま表記してしまったのではないか。ものすごく好意的に解釈するとこんな感じです。

…だとしても、そもそも委託を申し込む時に、私が申し込み用紙にカップリングを記入したはずですが?(・∀・)他にも、事務どうなってんだよと思うことは結構ありました。
きっと、私が大手じゃないから適当な扱いだったのでしょう。それなら仕方ない。でも当時の知人で大手だった人も、ツイッターで苦言を呈していたような…2010年の話です。

この前、数年ぶりに「とらのあな」のサイトに行ったら、電子書籍部門ができていて、またもや時代の流れを感じました。ダウンロード販売は昔から男性向が中心でしたが、これからは女性向も電子書籍が普及していくのでしょうか?私も昔「DLsite」でダウンロード販売をしたことがあります。今は「とらのあな」ともども退会済みです。

このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事

同人活動の思い出/好きだったジャンルを嫌いになってしまう悲しい結末 2017/08/18
創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝 2017/08/17
ツイッター始めてました&ブログのコメント欄も解放しました 2017/08/15
アニメ「Fate/Apocrypha」/第7話「自由の在処」感想 2017/08/13
イラストAC/花模様 2017/08/11
同人活動の思い出/pictBLandの累計会員登録数が31万人を突破! 2017/08/10
イラストAC/おばけ 2017/08/08

検索フォーム

楽天ショッピング

人気記事

プロフィール

Author:ヒロコ1号
1992年から2015年まで同人活動をしていたオタク女です。同人引退後の高齢オタクってこんな感じ!と、みずから晒していきます。大阪のおばちゃんですが、ヒョウ柄は着たことありません。★メールフォームはこちら★

オリジナルTシャツなど販売中

イラストAC & LINEスタンプ

▼イラストACで無料イラスト素材を配布中▼ ▼LINEスタンプ販売中▼

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!