創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝

「創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」に行ってきました。
開催会場と期間は以下の通りです。

東京展 2017年4月15日(土)~2017年6月11日(日) 三井記念美術館
大阪展 2017年7月29日(土)~2017年9月24日(日) あべのハルカス美術館
山口展 2017年10月20日(金)~2017年12月10日(日) 山口県立美術館

私は8月16日(水)に大阪展に行きました。

「なんか仏像とか見て癒されたい(´・ω・`)」という、20年前なら決して抱くことのなかったであろう気持ちを抱いて、縋るような気持ちでガン見してきました。
歳を取ると食べ物の好みが変わったり、物の考え方が変わってきたりするものですが、私はかなり短期間でいろいろ大幅に変わってしまったほうだと思います。

同人をやめる数年前に1回死んで生まれ変わったという表現がしっくり来ます。
それでもオタクであることは変わっていないので、きっとこれは私の業なのでしょう。
オタク自体をやめてしまってもおかしくないくらいの衝撃はあったはずなのですが。

それはともかく、西大寺は奈良県奈良市西大寺芝町にある真言律宗総本山の寺院です。



奈良時代に称徳天皇の発願により建立され、東大寺などとともに「南都七大寺」のひとつとして数えられる名刹で、今回の展覧会は西大寺の創設1250年を記念したものです。
西大寺とその一門の真言律宗寺院などに伝わる、国宝や重要文化財が展示されています。

Youtubeでも公式の動画が上がっています。こうして見るとハルカスって厚みが無いな。

ハルカス散歩「奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」

ここでも紹介されている「釈迦如来立像」ですが、これはナマで見ると本当に心が無になりました。長時間ボーッと眺めてましたが、これはイイ!
詳しいことは分からないけど、これはイイぞ(・∀・)…美術品に詳しくないけど感動した人って、だいたいこういう気分だと思う。

でも、個人的に最も印象に残ったのは「極楽坊縁起絵巻」です。大阪展では8月27日まで上巻が展示されて、8月29日からは下巻が展示されるというスケジュールになっています。

これは元興寺極楽坊とその本尊である智光曼荼羅図の由来について描いたもので、上巻と下巻があるのですが、私が見たのは上巻の一部です。
行基が朝廷に重用されることを妬んだ智光法師が、急死して地獄に堕とされ、地獄で閻魔王から責められたあと10日後に蘇生し、懺悔して行基に謝罪しに行く場面でした。

そうですね(・∀・)やはりマイナス感情を持つとロクなことがありませんね。
その手の話は2次元にも3次元にも溢れているのに、人は何故「怒らない」ことが難しいのでしょうか?私はもう割れたあとの風船なので何もかもどうでもいいのですが、心が元気な人は怒ったり妬んだりするのも当たり前だと思うのです。だからこそその手の話が生まれるのでしょうが、今の私は元気な人が羨ましい。いや、苦しそうだから羨ましくないかも?

しかもこれ、絵がすごくキレイな状態で残ってるんですよ。
美術館で展示されてる絵図って、ボロボロでほとんど見えなくなってるものもあるけど、キレイなものはキレイなので、どうやって保存してたのか不思議に思うことがあります。
しかも当時はクリスタ素材とか無かったはずなのに、一発描きでめちゃくちゃ上手い。

私はテキトーに絵を描いてる人ですが、こういうのを見ると心を入れ替えそうになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

ツイッター始めてました&ブログのコメント欄も解放しました

このブログを始めた時に、一応宣伝のためにツイッターのアカウントも取っていたことを、今日ここで告白します(・ω・)
ひたすらブログ更新のお知らせを呟くだけなので、今このブログを見ている人にとってはフォローする意味の無いアカウントなのですが、とりあえず下のリンクから行けます。

https://twitter.com/hiroko_001

もうちょっと何か言ったほうがいいのではと自分でも思いますが、同人活動していた頃のトラウマで、ブログは見てほしいけどツイッターで何かを言う気にはなれません。

私は同人者でしたので、昔はツイッターを同人活動と交流のために使っていました。
ツイッターを始めた頃は、これまでのメールや掲示板での交流よりもレスポンスが早くて、同じジャンルが好きな人ともっとたくさん話せて楽しいに違いないと信じていました。

信じていましたが、まさか魔法少女でもないのに魔女化するとは、このリハクの目をもってしても(以下略)とにかく、同人の交流目的でツイッターを使ってはいけません(断言)
これについては、いつかこのブログの「同人活動の思い出」カテゴリで語るかもしれませんが、今はまだ傷が深すぎて無理。私の同人人生を縮めた最大の原因はツイッターです。

今は同人をやめたので、当然同人用のアカウントではありませんし、少しでもブログのアクセスが増えればという理由だけでやっているので、交流目的でもありません。
フォローは一応、私と同じようにブログをやってる人とか、イラストを描いてる人とか、Fateが好きな人とかを選んでますが、私から絡むことはほぼ無いと思います。

昔のように「同じカプが好きな人と延々語り合いたい!」なんて気持ちは、今は微塵もありません。さらに非公式カプに萌えることも、最近は難しくなってきました。
それでも、DMやリプを貰ったら返事はしています。幸いそこまで心を閉ざしてはいませんので(これ自分でもマジで偉いと思う)何かありましたらどうぞ(・∀・)

あと、ブログを始めた頃はコメントを受け付けない設定にしていましたが、これも少し前から解放しています。拍手メッセージには返信したほうがいいのかと、ずっと悩んでいましたので、それなら普通にコメント機能を使えばいいのでは?と考え直しました。

返信不要だったり他の人に見られたくない場合は「管理者にだけ表示を許可する」で送ることもできますので、そんな感じでよろしくお願いします(・∀・)

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

アニメ「Fate/Apocrypha」/第7話「自由の在処」感想

FGOの水着フランが死ぬほど可愛すぎるんだけど一体どういうことなの!?( ゚д゚)



フィオレの窮地はカウレスに救われましたが、ケイローンも傷を負ったので、黒の陣営は撤退しました。同じく撤退したジャックは、ハンバーグや心臓を食べて元気になりました。

一方、シロウのいた教会にたどり着いたジャンヌは、なんかイヤな感じの啓示を受けてシロウを探しますが、シロウと赤のサーヴァント達は、完成したセミラミスの宝具「虚栄の空中庭園」に乗って空を飛び、黒の陣営へと攻め込みます。黒の陣営もこれを迎え撃ちます。

その頃、自分のすべきことが分からずに悩んでいたジークも、戦場へ戻る決心をしました。
彼に平和な人生を歩んでほしいと思っているアストルフォやジャンヌからは怒られるかもしれませんが、それでも戻ろうと決めました。


◆原作ファンの人に向けた感想◆

無駄なく進んでいるように見えるのに「あれ?全25話で足りる?」と心配になってくるのは、Fateアニメのお約束だと思います。ZeroとUBWも同じ気持ちで見ていました。
Zeroはアニメのほうを先に見たけど、一期が終わるころに原作も読みましたので。

私がApocryphaアニメで特に楽しみにしていたシーンのひとつである“ラップをかけられた心臓”が、期待通りのシュールな絵面でとても満足です!心臓はカワイイなあ(・∀・)
あと、同じくらい楽しみにしていたセミ様の膝枕シーンも美しかったですね!

一瞬出てきた黒髪シロウも、アニメならではの演出です。
なぜか上から飛び降りてきたダーニックおじさまも、アニメならではです。

セルジュさんのお話はとても良かった。その話は今の私に効く(´・ω・`)


◆原作知らない人に向けた解説◆

幼女がナマの心臓を丸呑みするシーンが、こんなにも家庭的な雰囲気で描かれるのは型月ならではだと思っていますが、他にもそういう作品があったら教えてほしいです。

第6話の感想 でも触れたように、ジャックのマスターは魔術師ではないので、魔術でジャックを治療することができません。だからと言って、代わりに人を殺して心臓を調達することに何の躊躇も無いのもどうかという感じですが、それは彼女がジャックを本当の我が子のように思っているからです。倫理的にダメであっても、子供がそうしなければ生きられないというのならやる“おかあさん”なのです。

今回出てきた「宝具」は、セミラミスの「虚栄の空中庭園」です。
詳しくはこちらの「宝具」の項目で説明されてます→ セミラミス - TYPE-MOON Wiki
シロウは今までこれの材料をがんばって集めてましたが、今回めでたく完成しました。

シェイクスピアは戦闘しませんと言ってるし実際できないけど、他の方法で活躍します。
黒の陣営は、第4話で捕まえて自分たちのものにした赤のバーサーカーも投入予定です。
ジークやモードレッドもあの場に向かうので、次回は戦闘シーン回かな。


◆おまけ◆

WEBラジオ第7回の、セーラー服VSブレザーに大爆笑しました。
私は中学も高校もブレザーだったので、セーラー服を着たことがありません。
しかも中学のブレザーは全身灰色という微妙に斬新なデザインでした。

それはそうと、コミックマーケット92の企業ブースおつかれさまでした!(・∀・)
私は今の体力で現地に行ったら死ぬし、アニメイトに行く元気も無いけど、書籍は通販で買います!Apocryphaにもちょっとだけ出てくるエルメロイⅡ世は、こちらでは主役!


もともとインドア派だけど、ネット通販を知ってしまうとますます外に出なくなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

イラストAC/花模様



イラストACで公開中の花模様のイラストです。
上半分と下半分は別々です。下のリンク先からそれぞれ無料でダウンロードできます。

イラストAC/花模様01
イラストAC/花模様02

円形の花模様の素材です。カラーとモノクロの両方を作りました。

こういうのは一部分だけ絵を描いて、あとはコピーして回転して繋ぎ合わせればいいだけなので、大変ラクですね!(・∀・)
実は、昔作った同人誌の表紙の背景に使うために描いたものですが、リメイクして色や雰囲気はかなり変わっています。モノクロにしたらさらに新鮮でした。

デジタルで描いてると色のバリエーションは無限に作れるけど、イラストACは同じような絵を大量に投稿するのはダメっぽいので、無駄な色違いはあまり作らないようにしています。
ただ、どんな色に需要があるのかは分からないので、その辺は独断と偏見で決めてます。

もしカラーリング的にも気に入っていただければ、使ってもらえると嬉しいです。
本の表紙の背景とか、イイんじゃないでしょうかね?(私の昔の本とお揃いになる問題)

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

同人活動の思い出/pictBLandの累計会員登録数が31万人を突破!

…したというメールが、数か月前に届いてた気がするけどずっと放置してました。
今になって思い出してブログに書いてますが、会員が増えたのは良いことです。
今はさらに増えているのでしょうか?私はもう投稿はできないけど応援しています。

私は同人活動していた頃、複数のお絵描きSNSに登録していました。
同人をやめるにあたって退会したものもありますが、投稿はしなくなったけどアカウントは残しているものもあります。pictBLandのアカウントはまだひそかに残っています。

関連記事→ 同人活動の思い出/ピクシブのことを思い出そうとしたら死ぬほど疲れた

そもそもpictBLandってどういうSNSなの?という方にものすごく簡単に説明すると、BLに特化したSNSです。男女カプ特化や女同士カプ特化の姉妹サイトもあります。
詳しい機能などは検索すれば出てくると思いますが、BLや二次創作のことを知らない人が見てもよく分からないだろうから、調べるのは各自にお任せします。

つまり、知らない人が見てもよく分からなくて、SNS自体は検索避けされていて、さらに会員登録しないと中に入れないので、同好の士だけで安心して楽しめるというのが売り。

こういう「特殊なことをやっているのだから隠れないといけない(隠れていたほうが知らない人に叩かれずに済む)」という感覚は、昔の同人関係者にとっては普通のものでした。
表現の自由が無いのではなく、自由にやっても叩かれないように隠れていたのです。
ピクシブとツイッターが出てきて、そんなルールはとうの昔に爆発四散したように思える現在でも、もっと落ち着いた環境で同人活動したいと思っている人は少なからずいます。

私自身は、pictBLandの機能にはめちゃくちゃ満足していたので、今もなんとなく退会できずにいます。それに退会すると閲覧もできなくなるので、それはまだ少しだけ惜しい。

ただ、実際に同人を引退した人にしか分からない心境かもしれませんが、今は昔ほど「隠れなければ」とも思わないし「同じ趣味の人と繋がりたい」という欲求もありません。
pictBLandの売りであるクローズドな環境や、見たいジャンルやカップリングだけを見られる機能が、今の私にとってはあまり意味の無いものになってしまいました。

そんな状態でも、地雷に対する不快感だけはまだ少し存在するので、地雷避けもしっかりできるpictBLandはいいよね!(・∀・)という話。
同人をやめてから、何を見ても何とも思わなくなっちゃったなーと寂しく感じながらも、リバは有り得ないわー(まだ元気じゃねーか)

でも、地雷を見て憤る気持ちを失えば、同時に激しく萌える気持ちも失うのは事実です。
正の感情と負の感情は背中合わせで、どちらも自分にとって大事なことだから湧き上がる。
同人自体に興味が無くなれば、どちらの感情も湧き上がってこなくなります。これはある意味ラクになれるけど、同時に大変つらくもあるので、他の人には体験してほしくない。

私が昔描いた作品は、とりあえず気が済むまで置いておくつもりですが、逆に気が済んだらpictBLandも退会するかもしれません。現役のBL好きは、ぜひ今後も楽しんでください。
私と同じ状態になる人がいないよう祈っています(´・ω・`)

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

最新記事

創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝 2017/08/17
ツイッター始めてました&ブログのコメント欄も解放しました 2017/08/15
アニメ「Fate/Apocrypha」/第7話「自由の在処」感想 2017/08/13
イラストAC/花模様 2017/08/11
同人活動の思い出/pictBLandの累計会員登録数が31万人を突破! 2017/08/10
イラストAC/おばけ 2017/08/08
アニメ「Fate/Apocrypha」/第6話「叛逆の騎士」感想 2017/08/06

検索フォーム

楽天ショッピング

人気記事

プロフィール

Author:ヒロコ1号
1992年から2015年まで同人活動をしていたオタク女です。同人引退後の高齢オタクってこんな感じ!と、みずから晒していきます。大阪のおばちゃんですが、ヒョウ柄は着たことありません。★メールフォームはこちら★

オリジナルTシャツなど販売中

イラストAC & LINEスタンプ

▼イラストACで無料イラスト素材を配布中▼ ▼LINEスタンプ販売中▼

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!