「絵がうまくなりたい」という言葉の真意

「絵がうまくなりたい」って、絵を描いている人ならつい言ってしまいがちなセリフですが、あなたにとって具体的に「うまくなる」とはどういうことですか?

デッサンが正確にできるようになることでしょうか。
写真のようにリアルな絵が描けるようになることでしょうか。

デッサンは多分できたほうが描けるものの幅が広がる…のではないかと私は勝手に思ってますが、実際にはデッサンなど全然できない私には真実はよく分かりません。
実を言うと過去に何度かそういうトレーニングに挑戦はしたのですが、つまらなすぎて苦痛で全然続かなかったので、今も私はデッサンができないのです。
デッサンの勉強とか死ぬほど眠くなるから無理です。プリキュア見るほうが楽しいです。

ちなみに絵の勉強以外の勉強(資格試験とか)は楽しいしすぐ覚えられるので、本当に絵描きかと言われそうですが、そういう意味では私は絵描きではないのかも。

でも、絵の勉強は嫌いだけど、自分の絵がもっと魅力的になったらいいなという都合のいい願望だけはあります。私以外にも同じ気持ちの人はいるはず。で、私にとっての「魅力的な絵」とはどういうものかというと、プリキュアみたいなキラキラした女の子とか、シンプルで可愛いゆるキャラとか、バランス良くデフォルメされたちびキャラとか。

こういうのって技術というより生まれ持ったセンスの問題な気がするから、デッサンと違って鍛えてどうにかなるものなのか不明というか鍛え方も不明。
たとえ他の人の良い作品をたくさん見ても、自分のものとして吸収できるかは別問題…というのを、今までの人生で嫌というほど味わってます。

正確には「絵がうまくなりたい」んじゃなくて「自分で見て心地よい絵にしたい(他の人がどう思うかは知らん)」なのです。絵は人に見てもらう楽しみもあるけど、描くこと自体が楽しいなら人には見せないのもアリです。まだ承認欲求という言葉も知らず、絵描きの知り合いもいなかった小学生の頃、自分で描いて自分で眺めてひとりでニヤニヤしてた頃が実は一番楽しかったんじゃないかと、今なら思うのです。

私にとっては、すごく正確に描かれた石膏像の絵よりも、立体物として多少おかしくても目が大きくて可愛いマンガ絵の美少女のほうが、見て心地よい絵なのです。

でも、もしも頑張ってデッサンを勉強すれば、もっと可愛い絵になれるというのなら…と考えて何度もチャレンジして何度もリタイアしてます。
技術とセンスの両方を持っている人がもちろん最強ですが、この記事はそんな神の話ではなく私の話なのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

同人活動の思い出/好きだったジャンルを嫌いになってしまう悲しい結末 2017/08/18
創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝 2017/08/17
ツイッター始めてました&ブログのコメント欄も解放しました 2017/08/15
アニメ「Fate/Apocrypha」/第7話「自由の在処」感想 2017/08/13
イラストAC/花模様 2017/08/11
同人活動の思い出/pictBLandの累計会員登録数が31万人を突破! 2017/08/10
イラストAC/おばけ 2017/08/08

検索フォーム

楽天ショッピング

人気記事

プロフィール

Author:ヒロコ1号
1992年から2015年まで同人活動をしていたオタク女です。同人引退後の高齢オタクってこんな感じ!と、みずから晒していきます。大阪のおばちゃんですが、ヒョウ柄は着たことありません。★メールフォームはこちら★

オリジナルTシャツなど販売中

イラストAC & LINEスタンプ

▼イラストACで無料イラスト素材を配布中▼ ▼LINEスタンプ販売中▼

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!