同人活動の思い出/二次創作のリスクに悩む

ブログサービスは、特別な知識が無くても手軽にブログが持てて便利ですが、同人サイト全盛期の頃は、二次創作をブログで発表するのは邪道という空気がありました。

昔は「本を作る」以外に作品を発表する手段は無かったけど、ネットが普及して個人でもサイトを作れるようになって、でもブログのようなものはまだ無かった時期に、同人サイトは生まれました。ブログが出てきたばかりの頃は、サイトに比べて見づらいという声もあったし、無料ブログは検索避けができないという理由で敬遠されていました。

サイトは、本来ならたくさんの人に見てもらうために作るものですが、二次創作の場合は少し事情が違います。同士には見てもらいたいけど、二次創作を知らない人や公式には見つかりたくない。そのために検索避けをして、同人サイト専門のサーチからのみアクセスできる状態にするのが、作り手側のマナーとされていました。

だって、お子さんがGoogleでアニメキャラの名前を検索して、二次創作エロ絵が出てきたら、困るか困らないかは人によるけど、一般的にはあまり良しとはされないでしょう。

今のブログはパスワードも付けられますし、同人界でブログが迫害されていたのは過去の話です。それに、ブログよりもさらに拡散されやすくて検索にも引っかかるSNSが広まった現在、隠れるという考えも古いものになってしまったように感じます。
今では二次創作は隠れずにやっている人のほうが多くて、この雰囲気の中では、今から同人を始める人に「隠れてやるべき」なんて言ったって説得力ゼロです。

ですが、もし公式側が本気で二次創作を禁止すれば、同人者のほうがヤバイことになるのは昔も今も変わらないと思います。今はいろんな事情でなんとなく自由にやれているけど、いつ状況が変わるか分かりません。

同人誌はまだいいとしても(本当は良くない)公式商品と間違えそうな出来の良すぎるグッズや、公式の絵柄そっくりのエロ絵は、公式の利益を侵害しているのではないか?これからはどうなるのだろう?と、私はある時期から考えるようになりました。

突き詰めれば突き詰めるほど、二次創作同人の是非を判断するのは難しいです。
利益を出したらダメなのか?18禁がダメなのか?そもそも版権キャラを勝手に使うこと自体がダメなのか?もうそういうのを考えるのが面倒になったというのも、私が同人から離れた理由のひとつです。

そんな、真面目に考え出したら超面倒な世界なのに、何故人は二次創作同人をやるのか?
…それがですね、やってる最中はめちゃくちゃ楽しいんですよ本当に。
何一つ具体的な説明ができなくて申し訳ないのですが、めちゃくちゃ楽しいんですよ。
私はもうそこまで楽しくなくなったから離脱しますけどね!(・∀・)

このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

同人活動の思い出/好きだったジャンルを嫌いになってしまう悲しい結末 2017/08/18
創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝 2017/08/17
ツイッター始めてました&ブログのコメント欄も解放しました 2017/08/15
アニメ「Fate/Apocrypha」/第7話「自由の在処」感想 2017/08/13
イラストAC/花模様 2017/08/11
同人活動の思い出/pictBLandの累計会員登録数が31万人を突破! 2017/08/10
イラストAC/おばけ 2017/08/08

検索フォーム

楽天ショッピング

人気記事

プロフィール

Author:ヒロコ1号
1992年から2015年まで同人活動をしていたオタク女です。同人引退後の高齢オタクってこんな感じ!と、みずから晒していきます。大阪のおばちゃんですが、ヒョウ柄は着たことありません。★メールフォームはこちら★

オリジナルTシャツなど販売中

イラストAC & LINEスタンプ

▼イラストACで無料イラスト素材を配布中▼ ▼LINEスタンプ販売中▼

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!