ハロウィンマシュマロ/日本ロイヤルガストロ倶楽部

今回は日本ロイヤルガストロ倶楽部の「ハロウィンマシュマロ」を買いました!



中に入っているチラシの「マシュマロ電報」とは何かと言いますと、文字をプリントしたマシュマロでメッセージを送れるやつらしいです。これも楽しそう。

私が子供の頃は、ハロウィンという行事がまだ日本に浸透していなくて、こういうハロウィン用のお菓子を見かけるのは近年になってからのことです。まあお菓子が食べられるなら何でも導入してくれてかまわないよね!と思いながら、ハロウィンのちゃんとした意味を調べてみたら、日本人はちょっと変な浮かれ方をしすぎではないかと真顔になりました。

ハロウィンは、ケルト民族の宗教のひとつであるドルイド教の儀式サウィン祭が起源と言われていて、秋の収穫を祝い悪霊を追い払う祭りでした。古代ケルトでは1年の終わりが10月31日で、ケルト民族がキリスト教のカトリック系民族に侵略されたあとも、カトリック教で言う諸聖人の日(11月1日)の前日に行う祭りとして残されました。

日本のお盆と同じで死者の魂がこの世に戻ってくる日なのですが、悪霊も一緒に来てしまうため「魔除け」としておばけの仮装をします…ので、池袋などでアニメキャラのコスプレをしてるのはよく考えたらめちゃくちゃ意味不明なのですが、まあ2次元キャラって戦闘力が高い人もいるし、あれも魔除けになるのかもしれません(・ω・)

まあそんなことよりマシュマロですよ。
私は50個入りを買いましたが、ひとつひとつが直径4センチくらいで小さいので、50個入っていても箱も小さいしすぐに完食してしまいそうです(※私個人の基準)人に配る場合は何個かずつ袋に詰めてもいいけど、個包装になっているので1つずつでも配れます。

イラストは5種類あります。スマホで写真を撮ろうとしたら、カメラがおばけの顔を顔認識しようとしてちょっと苦労しました。



マシュマロの中身は全部同じチョコレートです。マシュマロだけでも美味しいけど、さらに甘めのチョコレートを入れて幸せな食感になっています。



そしてプリントされたイラストが、普通の白いマシュマロ以上に見ていて楽しい気分にさせてくれます。今は何でもキレイにプリントされていてすごいですね。
ケーキとかマカロンとかラスクとか…このマシュマロもとてもカワイイです!

↓楽天での購入はこちらからどうぞ(・∀・)


↓ついでに「マシュマロ電報」のほうも紹介しておきます。


ところでこれを買う時、初めて支払方法を「楽天バンク決済」にしてみたのですが、楽天バンク決済って自分で振込の操作しなくてもいいんですね!?
注文完了してから「振込先の指定が無いけどどうしよう」と不安に思ってたら、自動的に楽天銀行から引き落とされてめちゃくちゃ驚いたわ!21世紀って怖い!(1976年生まれ)

このブログを見ている人の中には「お前は何を言ってるんだ」と呆れている方も多いと思いますが、これまで同人にしか興味が無かったおばちゃんなのでな、すまんな(・ω・)
これからは同人以外のことにも興味を持つようにします。

とりあえずハロウィンって楽しいよね!他にもいろんなハロウィン仕様のお菓子があるので、いろいろ買って楽しめばいいと思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加



明治/リッチビスケット(リッチオレンジ)

発売されてからずっとお気に入りの、明治のリッチビスケットです。
今回はオレンジ味を買いましたが、このほかにストロベリー味と抹茶味もあります。



パッケージからすでに高級そうなイメージですが、まさに「リッチ」という言葉を使うだけあって、量は少ないのに充分な食べごたえがあるのが特徴です。
箱を開けると、3袋しか入っていません。ビスケットは1袋に2枚ずつ入っています。



少ねぇー!( ゚д゚)と、思わず叫んでしまう慎ましさ。でも、実際に食べてみると本当に食べごたえがあるのですよ。私はお菓子の箱を開けたが最後、一気に全部食べてしまうタイプだけど、これは1袋ずつ分けて食べても良いと思えるくらいの濃厚さです。

チョコレートを挟んでいるのはココアビスケットですが、これがなかなか濃くて硬い。
そして挟まれているチョコレートも、板チョコを挟んでいるのかと思うほど濃くて硬い。



硬めのビスケットは、気を付けて噛まないと予期せぬ割れ方をします。
上品な食べ方の人にしか用は無いというスタンスなのかもしれませんが、面倒なら1口で食べられるくらいの大きさなので問題なし(・∀・)

甘さ控えめでほろ苦いココアビスケットに対して、チョコレートはとても甘いので、味のバランスは取れています。全体的に歯ごたえがあって濃いため、少量でも満足できます。

オレンジ味は濃厚な中にも柑橘系の爽やかな酸味があります。
ストロベリー味だと、イチゴの甘酸っぱさが感じられます。
抹茶味はものすごく抹茶感があるというか、抹茶の甘味と苦味が両方際立っています。

どれも違う味なのに、ココアビスケットとちゃんと合っているのが凄い。
贅沢っぽい味わいが欲しい時にオススメのお菓子です。





このエントリーをはてなブックマークに追加



玉華堂/極ぷりん4個と華まるロールケーキJrセット

楽天のポイントが溜まったので、玉華堂の「極ぷりん4個と華まるロールケーキJrセット」を買いました。商品の箱に対して梱包のダンボール箱がやたらデカい。でも高級なやつってこんな感じなんだよ、私は詳しいんだ。単にダンボール箱の規格の都合もありますが。



ところで、みなさんは「高いプリン」と「安いプリン」どちらがお好きですか?
私はどちらも尊いと思います!というわけで今回は高いプリンを食べます!

スイーツギフトで有名な玉華堂ですが、その中でも人気の「極ぷりん」と、通常より小さいサイズ(長さ11センチ)の「華まるロールケーキ」のセットです。
他の組み合わせのセットや、商品1種類のみの購入もできます。



ギフトじゃなくて自分用なのに、無駄に豪華な箱詰めで恐縮してしまいます。
高級なものを買う時はいつもそうです。でもこれなら贈り物にしてもステキですね。

ただし生菓子なので消費期限はやや厳しめです。私が注文した時は、発送日を含めてプリンは4日、ロールケーキは3日までが消費期限とメールに書いてありました。

極ぷりんは、カラメルソースをお好みでかけたりかけなかったりできます。かけなくても充分甘いし、純粋な卵の風味が感じられて美味しいです。かけても美味しいです。





現代の高級プリンらしく、プリンと言うよりほぼクリームみたいな柔らかさなので、ぶっちゃけ歯が無くても美味しく食べられるのではと思いました。
私が子供の頃(1980年代頃)はこういう食感のプリンは無かった。

私は歯ごたえのあるプッ●ンプリンなども大好きですが、将来もしも歯を全部失うことになっても、こういうプリンがあれば安心です。

華まるロールケーキは、クリームがたくさん詰まっていてボリュームがあるように見えますが、食べてみたら意外とあっさりしていてたくさん食べられます。



こちらもスポンジ部分のしっとり感や卵の風味が、安いやつとは一味違います。
玉華堂はもともと和菓子屋さんで、生地に餅米の粉末を使っているのだとか。
スーパーで売ってる安いロールケーキも、私は好きですけどね(・∀・)

玉華堂のスイーツは贈り物にしてもいいし、自分で食べても美味しいですよ。
私は楽天で買いましたが、以下の公式サイトから直接通販することもできます。




もちろん、楽天やAmazonでも買えます。

楽天市場


Amazon

【送料込】極ぷりん4個と華まるロールJrのセット (北海道・沖縄別途送料500円)



このエントリーをはてなブックマークに追加



ローソン/Uchi Cafe’ SWEETS × GODIVA ガトーショコラ

ローソンの「Uchi Cafe’ SWEETS × GODIVA ガトーショコラ」です。



先日紹介した「Uchi Cafe’ SWEETS × GODIVA ショコラタルト」と同時に発売された、ゴディバとのコラボ商品です。こちらも大変濃厚なチョコレートでした。

関連記事→ ローソン/Uchi Cafe’ SWEETS × GODIVA ショコラタルト



ショコラタルトは天面のチョコレートが半液状だったので写真もきれいに撮れたけど、こちらのチョコレートは固まっているので、冷蔵商品の宿命である水滴が(´・ω・`)
食べるぶんにはかまわないけど、写真を撮るのは難しいですね。

中にぎっしりチョコレートが詰まっていたショコラタルトとは違って、こちらのガトーショコラは、チョコレートムースとチョコレートスポンジの間にチョコチップを挟み、さらに天面にチョココーティングが施されています。
もうどんだけチョコレートだよって感じですが、このブレない姿勢はとてもカッコイイ。



でも、スポンジ部分がふわふわしているので、見た目のイメージよりは軽い食感です。
濃さで言うなら、ショコラタルトのほうが濃いと感じました。
それでもチョコづくしという点で充分濃厚で、食べ終わった後の満足感はすごい。

このゴディバとのコラボ商品は数量限定のため、なくなり次第終了らしいです。
買えた私は運が良かったと思われます。なので、次のコラボ商品も手に入れられるかは分かりませんが、どんなものが出てくるのか今から楽しみです(・∀・)

このエントリーをはてなブックマークに追加



ローソン/Uchi Cafe’ SWEETS × GODIVA ショコラタルト

ローソンの「Uchi Cafe’ SWEETS × GODIVA ショコラタルト」です。



チョコレートはすばらしい文明です。しかもゴディバのような高級ブランドは、バレンタインくらいでしか食べる機会が無いので、このように突然コンビニに降臨されるともう買うしかありません。これはゴディバとのコラボ商品ですね。

まず外袋からして高級な雰囲気で値段も高いのですが、袋から出しても高級感がすごい。



この天面をコーティングしているツヤツヤのチョコレートは、他のチョコレートケーキ等でも同じようなものがありますが、これ、私が子供の頃は無かったと思うんですよ。
昔(1980年代頃)はチョコ味のクリームを使うか、チョコが固まってパリパリしているかのどちらかでしたが、このチョココーティングは冷やしても柔らかくてナイフが簡単に通る。
私が子供の頃は無かったけど、ある時期から登場してきてビックリした覚えがあります。

中身もとても濃い。まさに「チョコレートを食らえ!」という気合を感じます。



でも、タルト生地のほうはサクサクしていてオレンジっぽい風味があるので、チョコレートの濃い甘さと上手くバランスが取れています。この生地の歯ざわりもすばらしい。
サイズが小さめで、食べ終わった時点で少し物足りなく感じるところもまた高級っぽい。

ただ、それでも今は1つ食べたら充分です。若い頃なら3つは食べたけど(・ω・)
歳を取って胃腸が衰えても、チョコレートを愛する気持ちは変わりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事

FC2ブログのSSL設定を有効にしました(・∀・) 2017/10/19
イラストAC/和傘の少女 2017/10/17
アニメ「Fate/Apocrypha」/第15話「道は違えど」感想 2017/10/15
同人活動の思い出/創作は自由にできるものだけど周囲の理解を得られるかは別 2017/10/13
小説を読む時、登場人物の声を脳内で再生するか? 2017/10/11
預金通帳の届出印がどれだか分からないから確認してきました(・∀・) 2017/10/10
アニメ「Fate/Apocrypha」/第14話「救世の祈り」感想 2017/10/08

検索フォーム

楽天ショッピング

人気記事

プロフィール

Author:ヒロコ1号
1992年から2015年まで同人活動をしていたオタク女です。同人引退後の高齢オタクってこんな感じ!と、みずから晒していきます。同人はやめましたが、のんびり型月ファンをやったりアニメを見たりしています。
★メールフォームはこちら★

オリジナルTシャツなど販売中

イラストAC & LINEスタンプ

▼イラストACで無料イラスト素材を配布中▼ ▼LINEスタンプ販売中▼

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!