アニメ「Fate/Apocrypha」/第25話(最終回)「Apocrypha」感想

WEBラジオ第27回の予告通り、次週から「Fate/Apocrypha/Apocrypha」(外典の外典/学園モノ)が始まります!ワケあり用務員・獅子劫に懐く女子高生モードレッドや、生徒をペロペロして飛ばされる保険医・セレニケなど、楽しい学園生活が繰り広げられます!

ウソです!(・∀・)ていうか、第23話の感想でこの2人を描こうと思ってたのに描きそびれたので、ここで描きます。私も原作を読みはじめた頃、赤剣陣営が主役だと思ってた。



天草はジークに倒されましたが、起動した大聖杯は止まりません。救われた世界を自分で見られないことを惜しみながら、崩壊していく空中庭園の中で天草は息を引き取りました。
彼のサーヴァントであるセミラミス(と、ついでにシェイクスピア)も消滅します。

ジークの身体は、竜告令呪の代償で竜になりかけていました。彼は、自分が竜になって大聖杯を世界の外へ持ちだす道を選びます。こうして、大聖杯は世界の裏側へ持ち去られ、世界も人類も元のままで、生き残った人々はそれぞれの道を歩き始めました。

竜になったジークはひとりで、世界の裏側で気の遠くなるような時間を過ごします。
やがて、彼に会いに来る少女と再会するまで。


◆原作ファンの人に向けた感想◆

時々「試合に負けて勝負に勝つ」的な勝ち逃げサーヴァントっていますけど、一度も傷を負わず最初から最後まで楽しみ、別に試合にも負けてなかったシェイクスピアはすごい。
Zeroを見た時、ジルと龍之介を勝ち逃げ組だと思ったけど、彼はそれ以上でした。

原作を読んでた時は特に意識していなかったのですが、自分は弱いと言ってたアストルフォが聖杯大戦の優勝者になったのも尊い。そして実は本編(四次・五次があった世界線)よりもちゃんと聖杯が使われている。私はFate初見がZeroアニメで、なんか聖杯汚染されてますとか突然言われて、あれは初見的には戸惑いました(・∀・)

時計塔とか、ゴルドさん(息子がまさかのアニメ出演!)とか、尺の都合でもう出てこないと諦めていたので嬉しかったです。放送中は、尺の都合で色々カットされてるのが惜しかったけど、かと言ってどうすればいいんだというほどギリギリでした。
限られた時間で精一杯作ってくれたというのが視聴後の感想です。おつかれさまでした!


◆原作知らない人に向けた解説◆

ジークフリートの心臓をもらったことで使えるようになった竜告令呪ですが、使用するたびに黒い痣が広がり、使用者であるジークを蝕んできていました。これは、竜の血を浴びて不死身になった英雄であるジークフリートを自分の身体に憑依させるため、その代償として自分が竜になっていくという感じだったと思う。竜になれば世界の裏側へも行けるから、ジークはそうして大聖杯を持って行ったということだと思う(「思う」ばっかり!)

ただ、ジークがそうしたのは、人類のためを思ってというより、人間を信じて命を懸けたジャンヌの力になるためという、わりと個人的な理由であると公式資料にはあります。

アニメだとちょっとニュアンスが違う感じがするけど、ここは媒体の違いとか制作側の事情による差異として受け止めたいと思います。ちなみに、ジークは竜になって世界の裏側へ行きましたが死んではいないため、アストルフォも消えずに残っています。

天草の救済方法がアリかナシかというのは意見が分かれるところだし、Fateシリーズというのはそもそもどちらが正しいかを決める話ではないので、大聖杯を持って行かれて残念という感想も私の中にはあります。原作ではジークも、大聖杯を持って行くことでこれからも傷つき苦しむ人がいるだろう(けど頑張れると信じてる)的なこと思ってるし。

ジャンヌとジークが再会する頃には、人類は自力で魂の物質化に辿り着いてるっぽい?
でも私はその恩恵を受けられないんだなあ(・ω・)まあ私という個体の一生はもう折り返し地点に来ているので、諦めはつきます。残りの人生頑張りますね(・ω・)


◆おまけ◆

7月から12月までの半年間、2クール分のアニメ感想を無事に書ききることができました。
放送を見てからイラストを描いて、文章をまとめて、日曜日が終わるまでになんとか更新するというサイクルを、予定通りにやり遂げられてホッとしています。

ただ、これが本当に大変だったのも事実ですし、私の文章力の底辺っぷりも露呈しました。
アニメ感想ブログをやってる人ってすごいですね。私には無理だと分かりました。
それでも読んでくださった方々、本当にありがとうございました。

そして「週に1回ムリヤリにでも絵を描く」というのを実践した結果、やはり二次創作絵は楽しいかもしれないという気になってきました。強制リハビリは成功したと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加



アニメ「Fate/Apocrypha」/第24話「聖杯戦争」感想

散々言われてるけど、ジルはどこでどんな形で出てきても、満足して退場しますね。
幸せに生きるには、彼の生き方を参考に…したら捕まるから無理。ジルの目が飛び出してきたら目潰しで直すという風潮は、だいたいアインツベルン相談室のせい。



シェイクスピアの宝具で挫けそうになったジャンヌのもとへ、大聖杯より帰還した天草四郎時貞が現れます。第三魔法「魂の物質化」により、苦しみの無い世界を作ると宣言した天草は、ジャンヌにも協力を求めました。その誘いに心が揺らぎかけたジャンヌですが、彼女を追いかけてきたジークの言葉で立ち直り、天草の救済を止めようとします。

ジャンヌは宝具「紅蓮の聖女(ラ・ピュセル)」で大聖杯を焼き尽くそうとしますが、それは使うと彼女自身も消滅する宝具です。依代にしていたレティシアの身体を残して、ジャンヌは消滅します。それでも、大聖杯を完全に破壊することはできませんでした。

ジャンヌを失った怒りで、ジークは天草に立ち向かいます。もう変身はできないのに、サーヴァントである天草と互角に戦うジークを見て、アストルフォ達は驚きますが、それはかつて1度死んだジークを蘇生させた“黒のバーサーカー”の力のおかげでした。


◆原作ファンの人に向けた感想◆

前回のセミラミスVSモードレッド戦は、原作を読んでも確かにモーさんの勝ちなのに、セミラミスが霊核を砕かれたあとも恐るべきガッツでめちゃくちゃ頑張るせいで「モーさん本当に仕留めてたっけ?」と思ってしまうのです。そして原作を読み直して、やはりモーさんの勝ちだったと再確認する作業を定期的に行っています。

メインの戦闘の影で、形だけ召喚されて戦闘力が無いはずのジルと、普通ならもう消えてるはずのセミラミスがめちゃくちゃ頑張るのが尊いと思うのですよ。

ジャンヌの第3再臨の衣装はFGO初出のデザインですが、やはりApoアニメで出ましたね。
あれ、初めて見た時はキレイだなあと思って、あの姿で使ってたけど、やがて普段特に何も無い時にあの衣装なのは落ち着かなくなり、今は一番見慣れてる第2再臨にしています。
天草も同じ理由で第2再臨です。なんかスゴイことがあったら第3再臨にするかも。


◆原作知らない人に向けた解説◆

第三魔法「魂の物質化」とは、本来は肉体に引きずられる魂を、単体で存在できるようにすることです。肉体があることのデメリットである、痛みとか寒さとか空腹とかが無くなって不死にもなるから、心が穏やかになって我欲が薄れ、争いも起こらなくなる…と私は解釈したけど、本当にそれで世界が平和になるかは、やってみないと分からない感がある。

物質化という言葉は、一瞬「まどか☆マギカ」のソウルジェムを連想するけど、Fateの第三魔法は魂そのものを生き物にして、より高次の生命体にするものです。
個人的に、歳を取って肉体が衰えている実感がある私としては、ソウルジェムも超便利だと思う。あれをイヤだと思うのは、まだ肉体に不自由を感じてない若い子だろうなあ。

さらにApocryphaの世界では、聖杯を使わなくても人類はいつかはそこに到達できるらしいので、聖杯に頼らず自力で辿り着くべきというのがジャンヌの主張で、それまでに犠牲になる人間がいることに耐えられないからすぐに達成したいというのが天草の主張です。
ここで本当にジャンヌのメンタル怖っ…と思うのです。人類に対してスパルタすぎる!

竜告令呪を使い切ったジークがまだ戦えるのは、第10話で退場したフランの力が彼の中にあるというか、フランが宝具を使った時に低確率で「第二のフランケンシュタイン」が生まれることがあり、それがあの時モーさんに殺されたジークに適用されて、ジークが生き返ったということで良かったっけ?誰かー!説明うまい人ー!たすけてー!( ゚д゚)


◆おまけ◆

いつの間にか、あと1話で最終回です。尺は何とか収まりそうだけど、カットされた部分が惜しいことは変わらない。ただ見てるだけならラクだっただろうに、興奮して語彙力が消失している状態で、毎週あらすじと感想をまとめて文章にするのは本当に大変でした。

今回も「めっちゃすごかった…(終了)」で記事を終わらせそうになるのを耐えながら、がんばって書きました。やはり、私にはアニメ感想ブログはできないと思いました。

WEBラジオのほうも終わりが近付いていると思いますが、最後まで楽しみにしています。
ゴルドたんの年齢は、実際に自分がその歳を追い越した時に、さらに感慨深くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



アニメ「Fate/Apocrypha」/第23話「彼方へと」感想

今回は絵のネタにしたい場面がたくさんあったのですが、コミックマーケット93のアニプレックスブースで販売されるジャンヌと四郎の和服タペストリーを見て、女帝はモーさんと闘ってる場合ではなかったのでは?と訝しみました。私は両方好きなので業が深いです。
女帝は日本とは何の関わりもない英霊なのに、黒髪ロングのせいで和服が似合うと思う。

冬コミに行かれる方は、物販で死なない程度に楽しんできてくださいね!(・∀・)



獅子劫とモードレッドがセミラミスのもとへ辿り着くと、玉座の間に毒が充満しました。
モードレッドは苦戦を強いられる中、父の思いと自分の本当の願いに気付きます。

モードレッドは獅子劫に自分の思いを伝え、獅子劫が作ったヒュドラ毒の血清と、令呪による空間転移でセミラミスに逆転勝ちしました。
獅子劫はここで死ぬこととなり、マスターを失ったモードレッドも消滅します。

一方、大聖杯のもとへ来たジャンヌは、シェイクスピアの宝具によって、これまで目を逸らしてきたジークへの恋心に気付かされます。そして、ジークに死んでほしくないと思いながらも戦場へ行かせたのはジャンヌ自身であると指摘され、絶望するのでした。


◆原作ファンの人に向けた感想◆

マーリンと我が王が出た!ジャンヌはお母さん似だった!シェイクスピアでも完全再現できなかった旦那のアート超COOOOL!ジークくんの首なら龍之介も気に入るでしょう。
アートは規制されたけど、モーさんの喫煙シーンは規制されなくてよかった!鶴岡さんの演技の変化がすごい!…と、言いたいことはたくさんあるのですが!

Apocryphaのジャンヌとセミラミスは、本来の彼女たちのイメージからは少し離れていると思う。FGOのジャンヌを見て思ったけど、たぶんFGOのほうが本来のジャンヌっぽい。
セミラミスも、Apocryphaが初出なせいでよく「可愛い」と言われてるけど、本来はもっと怖い人のはず。FGOに実装されたら、その怖いほうの面をぐだに見せてほしいです。

2人ともApocryphaでは恋をしてるから仕方ない。人どころか英霊もダメにする恋愛感情というやつは凄い。そういう意味でもApocryphaは「外典」感がある作品だと思います。


◆原作知らない人に向けた解説◆

獅子劫さんが持ってたヒュドラ毒の血清は、第1話で「前金代わり」と言ってもらっていたヒュドラの幼体であらかじめ作っていたものです。でもここで役に立つとは、本人も予想していませんでした。マスターが死ねばサーヴァントは消えますが、カウレスなどの他の魔術師と再契約すれば、モードレッドはまだ闘うことができました。

でもモードレッドは、王になることが自分の本当の願いではなかったことに気付き、聖杯も必要なくなったので、新しいマスターは探さずに獅子劫と共に退場しました。
ざっくりと言ってみましたが、この辺の解釈は難しいというか、型月警察が来るかもしれないと思うと、あまり気軽に触れられない部分なので、あくまでもざっくり(・∀・)

ジャンヌはずっと、自分の中にあるジークを特別に思う感情を、身体を借りているレティシアのものだと思い込んでいた(思い込もうとしていた)わけですが、シェイクスピアによって本心を暴かれます。レティシアのほうもそれは分かっていました。


◆おまけ◆

WEBラジオ第25回は、フィオレの中の人の意外なドMっぷりが楽しかったです。
セミラミスが上司とか、1日も生き延びられる気がしないのですが!
私は、10年務めてもまだ殺されてない今の職場環境に感謝するべきかもしれません。

あと、シェイクスピアの印税ですが、もし本人が今もそれを受け取れるとしたら、いくらになるのかとても気になります。FGOのバレンタインプレゼントも凄かった。

FGOはエレちゃんも可愛いけど、個人的にはアビーのほうが欲しい(※どっちも来ない)
術ジルと仲良くしてくれる数少ないキャラだし、新クラスだし、幼女だし。
ちなみにApocryphaのジルはこの先も大活躍するので、そのシーンも楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加



アニメ「Fate/Apocrypha」/第22話「再会と別離」感想

小説の文章じゃなくて映像で見て改めて思ったけど、空中庭園の耐久性がすごい。
そのへんの欠陥住宅は見習ってほしいものです。



カルナと戦っていたジークは、時間切れで変身が解けてしまいます。
再び変身しようとするジークを制したカルナは、後方で隠れていたカウレスに声をかけ、囚われている赤のマスター達を地上へ逃がすように頼みました。それを果たしたあと、最初に交わしたジークフリートとの約束に従って、再度戦闘を開始します。

アキレウスはケイローンとの約束により、宝具の盾をアストルフォに貸して、ジャンヌに襲い掛かるアタランテを止めに行きました。アタランテは、アキレウスの攻撃で最後に正気を取り戻し、力を使い果たしたアキレウスとともに消滅しました。

ジークは竜告令呪を全て使いきり、アキレウスの盾を使ったアストルフォの助けもあり、かろうじてカルナに勝利します。そして、大聖杯のもとへ向かうジャンヌを追うのでした。


◆原作ファンの人に向けた感想◆

今回の戦闘シーンの作画、めちゃくちゃ動きがあって私は好きです。
ufotableのやたら小綺麗な感じもイイと思いますが、Apoアニメはこれで良かったかな。

原作の改変で一番大きかったところは、ジークフリートの心臓移植シーンにジャンヌが立ち会ったことだと思いますが、それ以外もちょくちょく違うところがあって、この先もどうなるのか分からなくなってきました。ていうか、次回はついにジルが出てくるだろうから、違うスタジオの作画で描かれた旦那も楽しみにしてます(・∀・)


◆原作知らない人に向けた解説◆

アタランテの宝具「神罰の野猪(アグリオス・メタモローゼ)」は、女神アルテミスが地上を罰するために送り込んだ魔獣カリュドンの皮を身に纏うことで、魔獣の力を自分のものにする宝具です。それはそうと、地上ってだいたいいつも罰されてるよね。
人間がダメダメな存在だということは、昔の人もよく分かってたんだろうなあ。

子供たちの不幸も昔から現代までずっと続いていますが、大人たちも同様にロクな目に遭っていないと思うのです!もうエロ同人誌でも作って気を晴らすしかないみたいな。

アタランテは、アキレウスの父ペレウスと共に冒険をした仲でした。
だからアキレウスは彼女を気にかけ、親しみと尊敬をこめて「姐さん」と呼んでいます。
アキレウスは、アタランテの様子がおかしかったことに気付いていながら、師匠との対決のほうを優先したことを悔やみ、最後に彼女と一緒に退場しました。

え?アニメ内で説明しろ?2クールしかくれなかった偉い人に言ってください!(・∀・)

シェイクスピアは、これまでいろいろウザがられながらも、実は対ジャンヌ用秘密兵器だったので温存されてました。史実でもジャンヌのことを魔女として書いてるんですよね。
フランスの英雄であるジャンヌは、イングランドの敵だったのでしょうがない。


◆おまけ◆

WEBラジオ第24回を聞いて思いましたが、言峰もだいたい脱ぐけど、ギルガメッシュもだいたい脱ぐよね。Fateで同人活動してた頃、知り合いに神金好きな人がいて、カプ違いだったけど話してて楽しかったなあ。私の本の取り置きを頼まれて、その人の売り子さんに渡したら、売り子さんも私の本を気に入ってくれて、もう一度スペースに来てくれたりしてね。

………はっ( ゚д゚) 昔の話です。

WEBラジオと言えば、ラジオCD「Fate/Apocrypha Radio トゥリファス! Vol.1」が発売されています。DISC1は赤黒キャスターコンビ(の中の人)をゲストに迎えた新規録りおろしで、DISC2には第0回から第8回までのアーカイブデータをMP3で収録しています。

アーカイブデータは、放送された分がちゃんと全部入っていて嬉しいです。
昔買った他作品のラジオCDでは、編集されて短くなっていたものもあったので。

宣伝しようと思ったのに、商品画像が無くて私は悲しい。



ジャケット画像はこちらです。こんなに可愛いのに画像無しとか勿体ない!



発売済みの商品の画像が無いことって、通販サイトでたまにあるけど、あれって何か事情があるんでしょうかね?たまに不思議に思うことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



アニメ「Fate/Apocrypha」/第21話「天蠍一射」感想

先生おつかれさまでした!黒弓主従の正統派な雰囲気が好きです。たとえ原作の描写を大幅に削られても、アニメ化というのは悪くないものです(尺のことは根に持っている)



ケイローンは、アキレウスが宝具で作った「闘技場」の中で一対一で闘います。
やがて決着がつき、倒されたケイローンですが、最後に自分の宝具を使ってアキレウスの踵を射抜き、彼の不死性を奪ったのでした。これでアキレウスは不死身ではなくなります。

アストルフォは宝具で空中庭園の迎撃術式を破壊していきます。そこへ現れたカルナと戦うために、ジークはジークフリートに変身しました。獅子劫とモードレッドも空中庭園へと乗り込みます。アタランテはジャンヌを倒すべく、2つ目の宝具を使用しました。

そして、空中庭園へ辿り着いたものの満身創痍となったアストルフォのところへ、師匠との約束を守るためにアキレウスが現れます。


◆原作ファンの人に向けた感想◆

アストルフォはデザインが秀逸すぎて誤解されがちだけど、中身はちゃんと少年らしいキャラなんですよね。女帝にも性別を間違われてるけど。

尺に関しては本当に全員不遇だと思うけど(残り4話とかありえないんですけど)アキレウスは特に気の毒だったので、今回は比較的しっかり描かれていてよかったです。
アタランテ姐さんもものすごい駆け足で魔獣モードになったけど、ジャックちゃんの欠片を取り込んでいるという説明が無いので、ただエロい衣装になっただけのようにも見える。

でも、これまでで一番(尺的な意味で)スゲェなと思ったのは、スタジオディーン制作のUBW劇場版です。UBWルートを100分弱でやろうとしたこれに比べれば…うん。
本当に、1度でいいから、尺の制限が無いアニメ化というのを見てみたいなあ。
そうしたほうが、円盤とかも結果的に売れると思うんですけどね。


◆原作知らない人に向けた解説◆

アストルフォが無事に名前を思い出した宝具は、あらゆる魔術を打ち破ることができる魔導書で、これが使えなかったら空中庭園に入るのは難しかったと思われます。

アストルフォが派手に戦うほど、マスターであるジークの魔力が消耗するので、アストルフォはそれを心配していますが、もともと魔力供給用として造られたホムンクルスであるジークはその辺は平気です。そしてフラグに従って早速変身します。

ケイローンは父親も母親も神様のため不死身でしたが、ヘラクレスの放った毒矢がケイローンの膝に命中した時、苦しくても死ねなかったので、ゼウスに頼んでその「不死」をプロメテウスに譲って死にました。それを惜しんだゼウスがケイローンを射手座にしたけど、Fateのケイローンはその「不死」を取り戻したいと思っています。

不死になりたいのではなく、不死は両親からもらった能力なので、両親との繋がりの証を取り戻したいというのが、ケイローンの聖杯に対する願いでした。今回のサブタイトルでもあるケイローンの宝具「天蠍一射(アンタレス・スナイプ)」は、ケイローンが死亡しても自動で発動しますが、使えるのは一夜に一度だけです。

アキレウスとの闘いも純粋に楽しんで、フィオレのサーヴァントとしての仕事もきっちりこなして退場しました。Fate界でも「当たり」なサーヴァントだと言われてます。


◆おまけ◆

FGOはセイレムの続きをこれからやっていきます!(・∀・)エルダーグールの目の動きがめちゃくちゃ可愛くて、つい戦わずに見つめてしまうのですが、同志の方いますか?
ラフムも一目見て可愛いと思ったのに、ネットでは本気でキモがられてて悲しかった。

あと「三匹のジャンヌ」はどうしようかと思いました。何だアレ(褒めてる)
FGOはキャラの出番の格差がすごいけど、ジャンヌはオルタ含めてかなり優遇されてる。
Apocryphaのアニメ放送真っ最中なのに、ジャンヌ達と楽しそうに戯れてる天草くんも可愛すぎるんですが!あれじゃFGO派とApo派でカプ論争が起こるのも仕方ないね!

私?(・ω・)私は全部同じくらい好きです。
でもこの火種は私だけのものです。戦争には参加しません。

このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事

気まぐれFGO雑記/チョコを1億個作ってマンションを探索してハーゲンダッツを食べる 2018/02/23
アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」/第4話「顔の無い王」感想 2018/02/21
ローソン/桜が香るぷるるん水ゼリー 2018/02/20
同人活動の思い出/創作物の地雷について 2018/02/18
同人活動の思い出/リクエストにまつわる悲喜こもごも 2018/02/16
アニメ「Fate/EXTRA Last Encore」/第3話「黄金鹿と嵐の夜」感想 2018/02/14
ローソン/ベルギーショコラのもっちりとした生どら焼 2018/02/13

検索フォーム

楽天ショッピング

人気記事

プロフィール

Author:ヒロコ1号(1976年4月22日生)
1992年から2015年まで同人活動をしていたオタク女です。同人引退後の高齢オタクってこんな感じ!と、みずから晒していきます。同人はやめましたが、のんびり型月ファンをやったりアニメを見たりしています。
★メールフォームはこちら★

オリジナルTシャツなど販売中

イラストAC & LINEスタンプ

▼イラストACで無料イラスト素材を配布中▼ ▼LINEスタンプ販売中▼

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!