イラストAC/海の生き物

20170630

イラストACで公開中の海の生き物のイラストです。
下のリンク先から無料でダウンロードできます。

イラストAC/海の生き物

夏らしい海の生き物のイラストです。カラーと単色の両方を用意しました。
元の絵は大昔に描いたものですが、素材に使えそうと思って引っ張り出してきました。
イラストACに投稿している絵は、そういう感じで発掘されたものもあります。

貧乏性なので、どんなにささやかなイラストでも、一度描いたものはわりとしっかり保存しています。それでも描いてきた年数を考えると、うっかりデータを捨ててしまったものも中にはありますが…もう一度描き直すのは嫌です。主にめんどくさいという理由で。

個人的に魚のフォルムって好きなので、人物以外で何かテキトーに描くとなると、魚を描いてしまうことが多いです。気を抜いててもそれっぽく見えるのがイイ。
でも、食べる時は骨を取ったりするのがめんどくさいですね、魚…(´・ω・`)

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

BAKE CHEESE TART/焼きたてチーズタルト

チーズタルトって! いいよね!(・∀・)
というわけで今回買ってきたのは、株式会社BAKEの焼きたてチーズタルトです。



そもそも「チーズタルト」と名の付いているものがマズイはずが無いんだけど、こちらのチーズタルトは、これまで食べてきたものと比べても格段に美味しかったです。
やっぱりデパートの中とかにあるお店は違いますね。見た目も大変蠱惑的です。
デパ地下のスイーツどもは、いつも誘ってんのかってくらいけしからんですね!

もう3食チーズタルトで良くね?…と、スイーツを食べるたびにいつも同じことを言ってますが、本当になぜ、人間は自分の好きなものだけを食べて生きていけないのでしょう?
なぜ野菜とかも食べないといけないのでしょう?
なぜ3食スイーツにしたくらいで健康を害するのでしょう?

誰だよこんな不便な肉体を作ったのは!おのれ神め!
と、人類を創造した何かへ文句を言いつつ、チーズタルトの断面も見てみます。



いいね!(・∀・)この色っぽさ、エロ同人誌の断面図なんて目じゃないですね!
だんだんテンションがおかしくなってきたので、今回はこの辺で!

基本的に買いたて(焼きたて)を食べるのがオススメだそうですが、冷蔵庫で冷やすとレアチーズケーキのような食感になるらしいので、今度は冷やして食べてみたいです。
レアチーズケーキって! いいよね!(・∀・)

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

アニメ「リトルウィッチアカデミア」最終回

TVアニメ版「リトルウィッチアカデミア」を最終回まで視聴しました!
この作品はもともと、2013年3月に、文化庁の若手アニメーター育成事業「アニメミライ2013」の参加作品として公開されたオリジナル短編アニメです。

私はこの短編を見て「何これすごいおもしろい!(・∀・)」と、めちゃくちゃ頭の悪い感想を叫んでいたわけですが、他にも同じように感じた人がたくさんいたらしく、2015年に劇場版「リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」も公開されました。
そして2017年1月、2クールのTVアニメシリーズの放送が始まりました。

ファンが多いからこそのTVアニメ化ですが、今風の萌え絵を見慣れている人にとっては好き嫌いの分かれる絵柄なのかなあとか、主人公のアッコは私のような年寄りから見れば微笑ましいのだけど、今の若い子から見ればちょっとウザイのかなあとか、ネット上の感想を見ているとそんな印象もチラホラありましたね。

アッコは自己中心的で周りに迷惑もかけるけど、その行動力ゆえに最後は必ずなんとかしてくれる。あの強引さのおかげで相手が心を開いていく過程を見ていると、あきらめないことって本当に大事なんだなと思うし、私にはマネできそうになくて心から羨ましい。


TVアニメ版の後半はわりと唐突に「ノワールフューエルスピリット」の話になりましたが、私は好きな展開だったので満足です。いつの時代も「負の感情」は強いよね(・∀・)
短編や劇場版とは違うストーリーを2クール分作るとなると、いろいろ苦労もあったかと思いますが、2クールという長さをしっかりと生かした濃いストーリーでした。

これは「まどか☆マギカ」でも思ったけど、自分がこれまでの人生で抱いてきたポジティブな感情とネガティブな感情では、どう考えても後者のほうがすごいエネルギーになりそうなんですよね。「あいつ死ねばいいのに!」みたいな感情のパワーで、めちゃくちゃ発電とかできそうなので、国はぜひ活用法を考えてほしい。原子力なんて目じゃないからマジで。

でも、そんな現実を覆してくれて「希望とか夢見る心って素晴らしいんだよ!」と諭してくれるのが「リトルウィッチアカデミア」のような王道アニメです。
私は何度こういうものに助けられてきたか分からないので、今回も感動させてくれてありがとうと感謝するしかありません。またいつか新作が見れたら嬉しいなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

アニメ「アリスと蔵六」最終回

アニメ「アリスと蔵六」を最終回まで視聴しました!
私は原作のほうは知らなかったのですが、原作ファンの方々の感想を見ていると、アニメは改変されている部分もあるけど良改変で満足という感想が多かったです。
原作はまだ話が続いてるけど、アニメはアニメできれいな纏め方だったと私も思います。

ていうか、これは原作も読みたくなる作品なので、これから原作も買うつもりです。
この原作者さんの絵も「可愛いけどテンプレではない」という私好みの絵柄ですし。


私には、放送されているアニメを全部チェックする体力や時間は無いので、絵や設定で見たいアニメを選んでいくしかありません。本当は全部見たほうが、予想外に気に入る作品に出会えたり、ブログ記事のネタも増えるんだろうけど、やはり全部は無理があります。

「アリスと蔵六」は「少女」「特殊能力」「歳の差コンビ」「人外が人になる物語」と、完全に私の好きなものしか入ってないところが逆に怖いくらいで、これは見るしかないと思いました。なかなかここまで狙ってくるものって無いですよね(・∀・)

最初はもっと鬱展開になるのかと思いきや、そこは必要以上に掘り下げずに、ほのぼのした空気に重点を置いた描写で、この作品の場合はその自然な感じが良かったです。
原作が完結してないから、まだまだ謎が多いですけどね。

中の人の話になりますが、アニメ第5話まで終わったあとの「第2部放送直前特番」で、蔵六役の大塚明夫さんが「こういう“ただのおじいさん”の役は初めて」と仰っていて、確かに私はFate/Zeroとかが好きなので、大塚さんと言えばどうしても征服王を思い浮かべます。

でも調べてみたら、蔵六の半生ってあまり普通っぽくない気がする。アニメではまだ語られてないけど…この辺も、原作をちゃんと読んでみたいと思った理由のひとつです。

この手の作品にはよくあるメッセージですが「普通の人間として普通に生きることが結局一番尊い」みたいな思想には、歳を取れば取るほど共感できるようになっていきます。
若い頃は「異世界に行ってチート能力に目覚めて俺TUEEE」みたいなのがカッコイイと思ってたけど、今はそれにはあまり心惹かれません。

アニメ版はこれで終わってもいいけど、もし続きもアニメ化するなら、ぜひ見たいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

没後70年 北野恒富展 なにわの美人図鑑

「没後70年 北野恒富展 なにわの美人図鑑」に行ってきました。
開催会場と期間は以下の通りです。

2017年6月6日(火)~2017年7月17日(月・祝) あべのハルカス美術館

展覧会の様子がYouTubeで紹介されています。あべのべあが美人画っぽい着物姿で驚きましたが、あべのべあって性別が公表されてないから、女子かもしれないんだな…そうか…

没後70年 北野恒富展 あべのハルカス美術館

北野恒富は、大阪の画壇で明治から昭和にかけて活躍した画家で、美人画で有名です。
絵師なら「自分が美しいと思う女子」を精一杯表現したいという熱意はとても共感できるので、美人画と聞いただけで見るのが楽しみになってしまいます。

明治後期の大阪の画壇は、東京や京都に比べるとややマイナーとされていて、そんな中で北野恒富は「画壇の悪魔派」と揶揄されながらも、改革を起こそうとした…とのことですが、「画壇の悪魔派」なんて、どう考えても誉め言葉としか思えません(・∀・)
言ったほうは悪口のつもりだったのでしょうか?昔の人の感覚は分かりませんね。

北野恒富が描く女性は、パッと見て「きれい」「かわいい」と思うと同時に、何とも言えぬ妖艶さとか、内に秘めたさまざまな感情が感じ取れます。
まさに「可愛いだけじゃないのが、ガールズの約束なの(BY ドキドキ!プリキュア)」を体現していて、これって、マンガオタク絵師にとってもすごい理想だなと思いました。

近代の人なので、「戯れ」のカメラを持った舞妓さんとか、「いとさんこいさん」の着物姿で寝そべってる女子とか、中世の絵画などとは違った現代的な雰囲気があります。
女性の絵以外の作品もやたら色気があるのが、モダンな感じで素敵でした。

個人的に一番印象に残ったのは、高島屋の催事用ポスターです。
絵とは言えデパートのポスターでおっぱい丸出しなのは大丈夫なのか?(もしかしたら現代だとアウトだったのでは?)と疑問に思う間もなく、解説を読んでみると、白い肌&きれいな指先&やさしい目線のこのポスター、当時は貼られた先から盗まれまくったそうです。
客もなんか今の人と変わらない感じで、とても安心しました。

あと、絵ではないけど関連資料の中に「引っ越した時のハガキ」があったのも印象的でした。有名になるとそんなものまで美術館に展示されてしまうんですね。これは本人にとってはビミョーなのでは?と思って確認したくても、もう亡くなっているので無理ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

最新記事

同人活動の思い出/個人主催オンリーやプチオンリーのお手伝いは楽しかった思い出 2017/10/20
FC2ブログのSSL設定を有効にしました(・∀・) 2017/10/19
イラストAC/和傘の少女 2017/10/17
アニメ「Fate/Apocrypha」/第15話「道は違えど」感想 2017/10/15
同人活動の思い出/創作は自由にできるものだけど周囲の理解を得られるかは別 2017/10/13
小説を読む時、登場人物の声を脳内で再生するか? 2017/10/11
預金通帳の届出印がどれだか分からないから確認してきました(・∀・) 2017/10/10

検索フォーム

楽天ショッピング

人気記事

プロフィール

Author:ヒロコ1号
1992年から2015年まで同人活動をしていたオタク女です。同人引退後の高齢オタクってこんな感じ!と、みずから晒していきます。同人はやめましたが、のんびり型月ファンをやったりアニメを見たりしています。
★メールフォームはこちら★

オリジナルTシャツなど販売中

イラストAC & LINEスタンプ

▼イラストACで無料イラスト素材を配布中▼ ▼LINEスタンプ販売中▼

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!