同人活動の思い出/pictBLandの累計会員登録数が31万人を突破!

…したというメールが、数か月前に届いてた気がするけどずっと放置してました。
今になって思い出してブログに書いてますが、会員が増えたのは良いことです。
今はさらに増えているのでしょうか?私はもう投稿はできないけど応援しています。

私は同人活動していた頃、複数のお絵描きSNSに登録していました。
同人をやめるにあたって退会したものもありますが、投稿はしなくなったけどアカウントは残しているものもあります。pictBLandのアカウントはまだひそかに残っています。

関連記事→ 同人活動の思い出/ピクシブのことを思い出そうとしたら死ぬほど疲れた

そもそもpictBLandってどういうSNSなの?という方にものすごく簡単に説明すると、BLに特化したSNSです。男女カプ特化や女同士カプ特化の姉妹サイトもあります。
詳しい機能などは検索すれば出てくると思いますが、BLや二次創作のことを知らない人が見てもよく分からないだろうから、調べるのは各自にお任せします。

つまり、知らない人が見てもよく分からなくて、SNS自体は検索避けされていて、さらに会員登録しないと中に入れないので、同好の士だけで安心して楽しめるというのが売り。

こういう「特殊なことをやっているのだから隠れないといけない(隠れていたほうが知らない人に叩かれずに済む)」という感覚は、昔の同人関係者にとっては普通のものでした。
表現の自由が無いのではなく、自由にやっても叩かれないように隠れていたのです。
ピクシブとツイッターが出てきて、そんなルールはとうの昔に爆発四散したように思える現在でも、もっと落ち着いた環境で同人活動したいと思っている人は少なからずいます。

私自身は、pictBLandの機能にはめちゃくちゃ満足していたので、今もなんとなく退会できずにいます。それに退会すると閲覧もできなくなるので、それはまだ少しだけ惜しい。

ただ、実際に同人を引退した人にしか分からない心境かもしれませんが、今は昔ほど「隠れなければ」とも思わないし「同じ趣味の人と繋がりたい」という欲求もありません。
pictBLandの売りであるクローズドな環境や、見たいジャンルやカップリングだけを見られる機能が、今の私にとってはあまり意味の無いものになってしまいました。

そんな状態でも、地雷に対する不快感だけはまだ少し存在するので、地雷避けもしっかりできるpictBLandはいいよね!(・∀・)という話。
同人をやめてから、何を見ても何とも思わなくなっちゃったなーと寂しく感じながらも、リバは有り得ないわー(まだ元気じゃねーか)

でも、地雷を見て憤る気持ちを失えば、同時に激しく萌える気持ちも失うのは事実です。
正の感情と負の感情は背中合わせで、どちらも自分にとって大事なことだから湧き上がる。
同人自体に興味が無くなれば、どちらの感情も湧き上がってこなくなります。これはある意味ラクになれるけど、同時に大変つらくもあるので、他の人には体験してほしくない。

私が昔描いた作品は、とりあえず気が済むまで置いておくつもりですが、逆に気が済んだらpictBLandも退会するかもしれません。現役のBL好きは、ぜひ今後も楽しんでください。
私と同じ状態になる人がいないよう祈っています(´・ω・`)

このエントリーをはてなブックマークに追加



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


最新記事

FC2ブログのSSL設定を有効にしました(・∀・) 2017/10/19
イラストAC/和傘の少女 2017/10/17
アニメ「Fate/Apocrypha」/第15話「道は違えど」感想 2017/10/15
同人活動の思い出/創作は自由にできるものだけど周囲の理解を得られるかは別 2017/10/13
小説を読む時、登場人物の声を脳内で再生するか? 2017/10/11
預金通帳の届出印がどれだか分からないから確認してきました(・∀・) 2017/10/10
アニメ「Fate/Apocrypha」/第14話「救世の祈り」感想 2017/10/08

検索フォーム

楽天ショッピング

人気記事

プロフィール

Author:ヒロコ1号
1992年から2015年まで同人活動をしていたオタク女です。同人引退後の高齢オタクってこんな感じ!と、みずから晒していきます。同人はやめましたが、のんびり型月ファンをやったりアニメを見たりしています。
★メールフォームはこちら★

オリジナルTシャツなど販売中

イラストAC & LINEスタンプ

▼イラストACで無料イラスト素材を配布中▼ ▼LINEスタンプ販売中▼

ブログサークル

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!